皆さん、こんにちは。篠丸接骨院です。

 

自分で体のケアをしたいな、と思ったら、ネットで「肩こり ストレッチ」などと検索をしたら、

すぐに色んなストレッチ法が出てきますよね。

簡単に情報を手に入れることができる一方、色んな方が様々なストレッチ法を勧めているため、

結局、どんなストレッチが一番自分に合っているのだろう・・・と悩んでしまいます。

 

自分で、自宅でケアするのは難しいですが、

当院では、日ごろから、施術後にお客様に合った効果的なストレッチをお伝えしています。

更に、「集中治療コース」では、15分ほど、お客様に合ったストレッチを行っています。

 

当院で人気のある、<オススメ>ストレッチを紹介します。

整体師オススメ①肩甲骨ストレッチ

まず、紹介するのは「肩甲骨ストレッチ」です。

当院の院長の著書「背中握手で猫背が治る!」にも紹介されています。

 

<おススメの方>

最近肩こりがひどく感じたり、猫背が気になる方

 

<準備物>

タオル一枚だけ!

 

<やり方>

1.背中側でタオルの両端をつかむ

2.下側の手を下に引っ張る

  その時に伸ばしっぱなしではなく、軽くゆする

3.引く方だけに力を込める

 

<注意点>

・背中を丸めない

・下に引く手を外側に逃がさない

 

このストレッチを左右行いましょう!

毎日行うことで肩周辺の筋肉がほぐれて肩こりや猫背の改善につながります!

 

整体師オススメ②腕のしびれ対策

次に紹介するのは「腕や手のしびれ対策ストレッチ」です。

 

腕や手がしびれるのは、肩周りの筋肉のこわばりからきていることがあります。

なぜなら、肩や首周りには多くの神経や血管が通っています。

その周囲の筋肉が硬くなり、神経や血管を締め付けることで腕や手がしびれます。

 

<おススメの方>

最近肩こりがひどく感じる方

腕や手がしびれる方

首をぐるっと回すときに痛みを感じる方

 

<準備物>

特にありません!

 

<やり方>

1.右手を腰に回す

2.左方向に頭を傾ける

首の右側が気持ちよく伸びている状態がいい状態

3.左右10秒ずつストレッチする

 

<注意点>

・背中を丸めない

 

毎日行うことで肩周辺の筋肉がほぐれ、肩こりや首こりとともに、

腕や手のしびれも解消します。

胸郭出口症候群

自宅でのケアを続けるコツは、「頑張らないこと!」です。

 

・ふと思い立ったとき

・テレビを見ているとき

・タオルを見つけたとき

 

などなど、気になったときにやってみることから、始めましょう。

そして、自分に合ったストレッチは何だろう、と思った方は、一度ご来院くださいね。

整体師が症状を分析した上でお伝えします。

 

症状に合ったストレッチで自宅ケアを☆


この記事をシェアする

関連記事